« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月22日 (火)

政策研究ネットワークの総会

政策研究ネットワーク山形の総会にて

びっくりした、山形市長寿支援課の方のお話、何んと20年後の2040年、85歳が約1.4倍、減ってないの?こりゃ~なんとかせんと・・・やばい?

それだけではないと思うが地域包括ケアシステムのお話、ごもっともな話だが現実は・・・

きめ細かな高齢者ニーズに対応しているのであろうか、こんなことをしていれば間違いないということかなぁ~、そんな感じがする。

いつまでも若々しくそれが誰しもの望み、サービスの多様性を、で、街なかにスポーツセンター(300円/回、総合スポーツセンターと同じ)を、民間に匹敵するものを。

話を聞いていくと・・・サービス付き高齢者向け住宅、サ高住だ、H23年から急激に増えているいわゆるサービスがついている高齢者用アパート、だが・・・だが・・・月額10万円が払える高齢者はどれだけ、貧困・格差はどの世代でも・・・

3万円のアパートに住んでいろんなところに出かけて遊び夜な夜な街へ、いざというときのためにお医者さんと仲良くなっておく・・・外に居場所をつくる、それでいいように感じる。

街なかにはそんな場所があるが・・・手が出ないところが多い、何でもお金がかかる世の中、切ないね~

人口で一番の問題は洋風棺桶型人口構造だが、で、移民とくる、が、怖いですね~

人口や子供が少なくなったって幸せなら・・・無茶な話?

P1180318

2018年5月15日 (火)

諏訪町七日町線整備は進んでいる?

ちょっと歩いていたら・・・

諏訪町七日町線沿い、新しい建物が・・・

Image_2

茶房というカフェ・レストラン?雰囲気があっていい、諏訪町七日町線整備が進んでいる?

これから料亭「のゝ村」、千歳館など、いわゆる飲み屋街、いろいろありそうである、だが出来上がったことをイメージするとちょっとわくわくする。

後どれだけかかるかわからないが古きものを残し未来を創造させるものを・・・

2018年5月11日 (金)

植木市

三日間とも天気が・・・残念。

今年は初日に、寒かったせいでもあるがあまり人通りが・・・

ポケットパークとバス停のベンチは利用されているのであろうかと・・・利用されていた。

良かった。

P1180284 P1180288

ズンチャカバンドと「ごみ減量・もったいねット山形」のイメージソング、“地球は今こそ、もったいねット”を唄う。

みなさん、お酒が入っているのか?ノリノリである、が、もったいねットメンバーは寒くてちょっとガタガタふるえている?俺だけ?

歌をうたうのは4年ぶりか?飲みに行けばよく歌っていたのだが今は全然、案の定、合いの手のみとなってしまった、それはそれでじゃまをしなかったのでは・・・

 

6月から民泊新法が施行される、山形ではどんな展開が・・・

 

2018年5月 7日 (月)

1か月ぶりのブログ

約1か月前だったろうか、徐々に右足の付け根のところが痛み始め痛みが増してくることからよく行く整形外科に、「ほぼ痛風でしょ」と言われたが結局のところ尿酸値もあまり高くなく抗生物質がきいたようで、「ばい菌が入ったんでしょう」となった・・・だが、、まだ普通には歩けない、今も・・・時々痛い。

GW、予定したようにはいかず落語や愛犬の墓回り程度で家でのんびり、よくテレビを見た。

う~ん、世の中いろんなことが起きているんだなぁ~ そう感じてしまったGW。

一番の出来事、やはり南北首脳会談、出来事というよりも有様というか見えてきたもの全てであろう、良くできた生番組でもあれほどうまくいかないのでは、あそこまで予想できたであろうか?あのシーンは3月25日の北朝鮮の金委員長の訪中から始まっていたのであろう。

同一民族のなせる業か、否、金委員長の思惑なのか、どちらにせよ歓迎すべき、あ~だこ~だというのもいいが本番は米朝首脳会談、その結果を見て判断でよいように思う。

ちょっと思ったのだが・・・、中国やロシアのレ!レ!レ!状態、日本は・・・

マスコミネタで言えば、やっぱりTOKIOの山口の強制わいせつでしょ、これでもかとテレビに取り上げられる、芸能人だからか、相手が高校生だったからか、強制だったからか、全てか・・・加害者が政治家だったら、いわんや一般人だったら・・・会社が普通にごく当たり前に一人の人間として罰することはできないのかと思ってしまった。

どうでもいいことなのだが、あまりにもテレビで映し出されるから、あえてということで・・・

テレビという情報媒体としてはNHKが一番と思う、NHKスペシャルなどすばらしい・・・だがテレビ東京に1票をあげたい、昔からのサッカー番組や多くの経済番組、そして「美の巨人たち」など、他の民放とは一線を画しており、カラーがある、そのテレビ東京で世界卓球を・・・感動することしきり、石川選手×キム・ソンイ戦、涙が出てしまう、中国との伊藤選手×リュウ・シブン戦、中国選手のねばりにも・・・

 

この時期はいつも思う、日本憲法改憲か護憲か、5月3日のNHKスペシャル「憲法と日本人・・・」改憲について問い直すいいきっかけとなった。

まだまだ国民が話し合う下地はできていないように感じる、時代にそぐわなくなったとか、どこの国でも改憲しているとか、国際情勢が・・・そんな話では・・・日本憲法、時代の波に耐えうるものであり国民に根付いている、一番は今の政府で論じる恐ろしさであろう。

ただ、うすっぺらい同調主義?フェイクニュース?こわいというのが本音だ。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ