« ちょっと電車に乗って | トップページ | 3.11 あれから7年 »

2018年3月10日 (土)

裁量って

裁量、その人の考えによって判断し、処理することだって・・・ピンとこないが枠がないってこと?

裁量労働制、労働時間制度の1つで労働時間を実労働時間ではなく一定の時間とみなす制度らしい、どこが裁量かといえば・・・よくわからない。

50年ぐらい前から会社でありながら独立採算制や個別採算性などを試行していた、動機は自分で稼いだお金は自分のモノ意識からだったかもしれないが画期的であった。請け負った仕事に対してどれだけコストをかけどれだけ自分の給料とするかであり、裁量があった。

時間の枠もないし給料の枠もない、あるのはいい仕事をする、請負額の中でこなす、その程度だったような・・・

長期に休みを取ったり、今年はお金を稼ごうと仕事をたくさんやったり、自由だ!

だがいいことばかりではなかったような・・・

個人プレーが基本となるので集合体としてのメリットを活かせるよう努力したが、やっぱりおいしい仕事もあるし儲からない仕事も、一番はいい仕事ができたかってとこ、そこは一人ひとり相当努力した、その結果、やっぱり働きすぎとなる。

いい仕事をするか、お金か、それとも・・・どっちに向いているかのように感じる。

ただやらされているのは不幸、そう思いつつ50年ぐらい経つ。

裁量労働制、どうなるのであろう。

« ちょっと電車に乗って | トップページ | 3.11 あれから7年 »

一感一言 村中秀郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと電車に乗って | トップページ | 3.11 あれから7年 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ