« 地域おこし協力隊活動報告会 | トップページ | 決裁文書改ざん »

2018年3月19日 (月)

山形市中核市へ

平成31年4月山形市中核市の誕生を目指して、その説明会、AZ七日町であった。

市報や説明会など、周知活動は進められているがこの日は写真の通り。

P1180059

わかりやすく丁寧な説明、だが、中核市に移行せざるを得ないところがわからない、これでもかと移行効果が述べられる。

目指す目標だからやむを得ないところだがメリットだけでなくデメリットもしっかりと述べてもらいたかった。まさか、何も心配するところはない?

人的・物的に色々あるでしょう、本当にスムーズに移行できるのであろうか。

完全移行には時間がその間の混乱は?徹底不足で二重行政とならない?仕事量が増えることや不慣れなどによる市民サービスはどうなる低下しない?

財政的・人的負担は大丈夫?交付税カットはない?

といったこともあるが気になるのは・・・

山形市は中核市を支える行政組織なのか、枠組みが整えられても使いこなす職員がどうなの?これまでの組織体質や感覚、雰囲気で良いのであろうか・・・

これまでの市から県、そして国の流れが市と国が直接やり取りする、スピード感は増すが市職員は意識しているのであろうか、ちゃんと国と向き合えるのであろうか、若い職員がモノを言える状況にあるのか、風通しにいい体制なのか・・・

それと、やっぱり市民が良かったねと実感できること、そこのところ大事なのだが市民はあまり関心がないみたいでどうなることやらわからない。

市職員の誇りまでは無理かもしれないが山形市のイメージアップにつなげていってもらいたい。

ふっと思ったのだが、県の必要性は?どんどん低下していく・・・

 

最近オリンピックなどで映画を観ることがない、そのうち・・・

ペンタゴン・ペーパーズとかザ・スクエア、ザ・プロミス、ジュピターズ・ムーン・・・今観たいのはダンガル。

« 地域おこし協力隊活動報告会 | トップページ | 決裁文書改ざん »

一感一言 村中秀郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域おこし協力隊活動報告会 | トップページ | 決裁文書改ざん »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ