« 調整する存在は場合によっては悪になる? | トップページ | 水戸いろいろ »

2017年12月 2日 (土)

水戸と言えば偕楽園?

水戸といえば偕楽園?そこもいいが時期などを考え藩校であった弘道館へ、水戸市の案内で・・・

P1170630

現在取り組んでいる事業の説明を、どんどんと市の方の説明を熱く感じる、こだわりと徹底?ここだけの修景が創出されようとしている。

P1170615

P1170617

P1170621

水戸第一高校だけではないが旧水戸城薬医門、毎日生徒はここに触れる、毎日が歴史の中にあるようだ、大げさに言えば歴史が今・未来に生きるのであろう。

P1170626

弘道館の建設、藩政改革の重要政策の一つ、武士だけでなく庶民も、学問と武芸の総合大学?しかも偕楽園は弘道館と1対で教育施設として造られた庭園、だが、今その物語は消えかかっている、今その物語をよみがえろうとする取り組みが・・・

弘道館だけでなく昭和5年の茨城県三の丸庁舎や昭和7年の低圧配水塔、市の方から是非と言われた鹿島神社、伊勢神宮から譲渡された同じ神明造り。

 

P1170664

P1170663

P1170660

那珂川と千波湖の間に形成された城下町、今、弘道館を中心に引き継ぎ未来へと受け継がれようとしている。

水戸駅から本当に近い位置にある。

« 調整する存在は場合によっては悪になる? | トップページ | 水戸いろいろ »

一感一言 村中秀郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 調整する存在は場合によっては悪になる? | トップページ | 水戸いろいろ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ