« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月20日 (水)

交通課題について考える

12月15日、何となく?始められた「交通課題について考える会」に参加、この日は12月山形市議会に顔を出すこととしていたが、直接の誘いからもあり「考える会」に。

1回目1月27日の振り返り、山寺の取り組みに目が行ってしまう。

ドアー前に立ち止まっているから取り組みとは言えないであろうが何とかドアーをノックし開けることはできないものであろうか。

山寺はJRもバス路線もタクシーもありで、そこに話を通さないといけない、古臭い話のような・・・

民間の自由競争はダメ?JRやバス路線などと地域と点を結ぶ交通が競合する?目的やターゲット、運営方法なども違うのに・・・そもそも公共交通の概念がこれほど車社会になったのにまだ生き続ける?運営する側も使う側もお互いに苦しい?

交通はモノや情報などをどうにするのか、多くのモノや情報はネットなどで、移動が必要なのはそこに行かなければならないことからであろう。

アメリカ映画でよく見るスクールバスや乗り合い、日本でできないであろうか、規模は別にしてどこでもできそうである、シェアーするということだが・・・

朝車で出勤する、相乗りすれば・・・、だが帰りの足がない、やはり行きも帰りもみんなでジャンボタクシーか、電話ですむ手軽さだが・・・

この会は始まったばかり、突っ込んだ話はまだまだ、実践で学んだ方が・・・山寺地区を取り組んだらと思ってしまった。

帰りに市議会へ、非常に残念、傍聴席に誰もいない。

2017年12月18日 (月)

山形市の歴史的建造物の保存と活用法を

12月9日、ぶら~っと、「山形市長と建築史・志村直愛氏のパネルトーク」に参加、山形市と芸工大の共催、山形市長ということもあり?ほぼ満員、顔見知りの方が多い、市としては中核市になるから景観計画の策定を、いいきっかけになるのかも?

どうしても蔵などの歴史文化遺産に、それが多く存在するからということもあるのだが新たな景観創出にも目を向けてほしい。

所有者も保存していきたい、価値もわかっている・・・でも残せない、そんな現実を多く見てきた、本当に保存活用していくことは難しい。

だが、うがった見方ではないがなんとなくお金をかけられない時代になってきているのでそれがうまい方向に結び付けば・・・

話を聞きながら昔、約40年前を思い出した。

愛媛県内子町に、宇和島の仕事帰りによく寄った、多分そこに住んでいたんだろう?若い女性がデザインサーベイをしていた、お互い若い、何時間も話し合い夢を語っていたことを思い出す、そこは今重要伝統的建造物群保存地区となっている。

所有者と支える人たちの熱い想いがあったからと記憶している。

一言いえば、景観教育といい事例を創り出す、景観ではもうからない?ではなく市場性を強く意識した取り組みを・・・

129_2

2017年12月11日 (月)

なぜ今「憲法改正」なのか

11月29日、山形弁護士会主催の憲法講演会、頭の中を空っぽにして聴いた。

全体に流れる憲法を軽視した政治、憲法とは青臭いかもしれないが国家の統治の基本を定めた法でありその柱は国民の権利を保障する「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」である。

国民は憲法で守られている、国民を守るのは憲法なのである、忘れがちであるが・・・

憲法を語るには一つひとつが大事であるが、その解釈はまちまち、それは人間性とかその人の根底に流れる価値観によってしまうのか?

むごたらしいものを見ると気持ち悪くなる、権力者を見れば疑ってしまう?そんな気持ちが・・・

考えなければと思うが、考えれば考えるほど時代の流れや世界情勢などに揺れ動かされる?そういうものなのか?

安心するのは天皇の存在、憲法と天皇は一対と考えられる。

話の中でえ!ということが・・・軍法会議がないのである、軍隊ではないから?

2017年12月 7日 (木)

水戸いろいろ

あまり建物を見ることはできなかったが、水戸に来ればこれでしょと言われる水戸芸術館、100mのらせん形のシンボルタワー、磯崎新、ビルの谷間から見る、100mを超えるマンションが多くなった今シンボルタワーとしてどうなの?いやいやらせん形に驚かされる。

P1170484

P1170488

残念なのは100mからの眺望は小窓から覗く、ライトアップも・・・

P1170491

P1170513

ギャラリーでディヴィット・シェリブリー展、LOSE YOURD MIND 、ブラックユーモア的?笑える?人間の本質的なところを暴く?人の不幸は・・・

歩いているとこんな建物・場所も・・・保存活用されている。

P1170530

P1170535

P1170528

水戸駅周辺ぶらぶら、東照宮、その横にこんなディープなところが、夜はどんな顔を見せるのであろう。

P1170694

夜といえば、屋台風みと楽横丁へ、残念だが日曜日は休みの店が多く昼歩いて見つけた古民家を改造した居酒屋に、オープンして10年、こういう店が合う。日曜というのに満杯だ。

P1170502

P1170515

地方によってちょこっと違う?タクシーの流し運転はしないとか喫煙所が多くタバコを吸う人が多い?

ゆかりの人物像があちこちに、歴史・文化を大切にする市民性を生み出している?

P1170678

P1170594

2017年12月 2日 (土)

水戸と言えば偕楽園?

水戸といえば偕楽園?そこもいいが時期などを考え藩校であった弘道館へ、水戸市の案内で・・・

P1170630

現在取り組んでいる事業の説明を、どんどんと市の方の説明を熱く感じる、こだわりと徹底?ここだけの修景が創出されようとしている。

P1170615

P1170617

P1170621

水戸第一高校だけではないが旧水戸城薬医門、毎日生徒はここに触れる、毎日が歴史の中にあるようだ、大げさに言えば歴史が今・未来に生きるのであろう。

P1170626

弘道館の建設、藩政改革の重要政策の一つ、武士だけでなく庶民も、学問と武芸の総合大学?しかも偕楽園は弘道館と1対で教育施設として造られた庭園、だが、今その物語は消えかかっている、今その物語をよみがえろうとする取り組みが・・・

弘道館だけでなく昭和5年の茨城県三の丸庁舎や昭和7年の低圧配水塔、市の方から是非と言われた鹿島神社、伊勢神宮から譲渡された同じ神明造り。

 

P1170664

P1170663

P1170660

那珂川と千波湖の間に形成された城下町、今、弘道館を中心に引き継ぎ未来へと受け継がれようとしている。

水戸駅から本当に近い位置にある。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ