« 新老人になって | トップページ | 芸工大との意見交換会 »

2014年1月30日 (木)

寒河江でドリンクテーリングを復活させよう

寒河江の駅前のみこし公園など、街なかでの公共空間の活用は活発化してきており、にぎやかさに貢献、だが、公共空間の活用の面では成功しているが、必ずしもその効果が広く享受できているとは言えず、限定的で実質的な波及効果に乏しい。
にぎやかさが様々なところに波及してくることが望ましく、イベントが組み合わさってくることが必要と考えられ、直接的なにぎやかさにつながる展開も求められるところである。
人とお店、人と人が交流する、これは毎日、飲み屋さんで見られる光景の一つであり、また、飲み屋界隈はある一種の回遊性を持っているのでは。
この既にある空間や雰囲気などに着目して、この空間を活かし、飲み屋群が持つ回遊性を再認識する取り組みは、次の一手?
これは、直接的にお店に影響するだけでなく、お店を知ってもらい、街なかを味わってもらい、街なかがひとつになって楽しめることができる可能性を有している。
何ら新たな施設整備などがいらず、仕組みだけで良いこともイベントしての利点がある。
寒河江ではこれまで、飲み屋さんを活用した継続的な取り組みがないことから、先ずは現状把握や事例研究、寒河江市ならではのこだわりなどを検討し、成功するための条件整理や実施に向けた連携の在り方などを模索するところから・・・
1月24日にNPOグラウンドワーク寒河江主催でドリンクテーリングの勉強会が開催された。P1090203

昭和61年から開始している七日町のドリンクテーリング実行委員長を招いて、色々工夫しながら、う~ん、2,000人の参加、すごい。
いろいろ仕組みが分かってきたが、大事なのは参加店数と参加者数のバランス?何はともあれ参加店数とやるきかもしれない。
やきとりBarとは違った盛り上がりを期待してだが、やはりターゲットは女性?もう1回勉強会をして固めていきたい。
2月4日、村山市から招いての勉強会、七日町とは違った話が聞けるかもしれない。

« 新老人になって | トップページ | 芸工大との意見交換会 »

一感一言 村中秀郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新老人になって | トップページ | 芸工大との意見交換会 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ