« 実際に見るとよくわかる | トップページ | 商店街の役割 »

2009年11月21日 (土)

山形の魅力

11月18日、午前中、またまた若い人からのヒアリングのオファー、喜んで、東北大学公共政策大学院生、京都からと聞くと山形は東北の小京都に感じられる?そんな思いを抱きながら中心市街地のあり方の話、活性化という面だけでなく暮らし、景観、環境・・・、幅広く話し合った。
話が終われば、歩きましょうと、その前に結城さんから御殿堰開発の話、見ると工事は着々と進んでいるようである。新たな魅力が生まれようとしてる。055
115
264
689

そして、山形R不動産が手がけたミサワハウスへ、雑然と言えばそうなのだがこれが若者パワーなのかもしれないと勝手に納得する。681
682

共同生活とういうことも面白いし、ここから芸術・文化を発信する、若者が街なかに住むと何かが起こる、そんなことが感じられる空間である。これも魅力の一つ。
新たな魅力となりつつある「ほっとなる横丁」へ、夕方であれば飲み交わしていたであろう。
料亭や空き映画館を案内しながら、感想を聞きながら、まだまだがんばれる、山形の誇りは失われていないという思いを強く抱いた。そこで別れたが、是非、寺町へ。やはり寺町も見ていただきたいとの思いで、行き方を教える。
どう魅力をつなげていくのか、そんなことを思いながら昼からの商店街活動研修会へ。

若い人が落ち着いた雰囲気を感じる、昔よりも増えているのかもしれないと思う村中秀郎

« 実際に見るとよくわかる | トップページ | 商店街の役割 »

一感一言 村中秀郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実際に見るとよくわかる | トップページ | 商店街の役割 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ